今が借り時の低金利マイカーローンはコチラ

低金利時代が続く今こそ、金利が安いマイカローンを選ばないと損しますよ!
MENU

自営業でも低金利でマイカーローンを借りたい

自営業の29歳ですが、車を買うのに銀行からお金を借りることができません。

 

マイカーローンの申し込みに行ったのですが、5日後ぐらいに審査落ちの連絡が来ました。

 

自営業者の場合、ローン審査に通りにくいと聞いたのですが本当でした。

 

それに加えて私は今まで現金主義だったので、クレジットカードなども作ったことがありません。

 

俗に言うスーパーホワイトなのですが、クリヒスを作っていけば信用力もできるでしょうか?

 

とりあえず今は目の前の自動車購入資金をどうするかで頭がいっぱいです。

 

今回は個人用ということでマイカーローンの申請をしたのですが、自営の仕事で使うということで国庫なども検討するつもりです。

 

一応ディーラーローンでは審査が通っているのですが、キャシング会社から借りるのに近いぐらいの高い金利なので借りたくありません。

 

見積もり有効期限は1ヶ月ぐらいあるのであと3週間ぐらいは猶予があるのですが、どこからも借りられなければディーラーローンを利用するしかありません。

 

高い利息を払うのはもったいないですが、購入資金を用意することのほうが先決です。

 

自営業者ということで収入が不安定なことはありますが、キャッシング会社からの借り入れもなく借金はありません。

 

過去に返済トラブルを起こしたこともなく、そもそも現金主義なのでお金がなければ買わない主義でした。

 

しかし今回はどうしても車が必要になったのですが、本音を言うと現金で買えるまでお金を貯めるつもりでした。

 

3年ぐらいかけて貯金するつもりだったのですが、今すぐ車が必要になってしまったのです。

 

まだ貯金もほとんどたまってないので、銀行から金を借りようとしたんです。

 

世の中ではマイナス金利が続き、空前の低金利時代と言われています。

 

確かに住宅ローンほどではありませんが、マイカーローンも安い金利でお金が借りられるみたいです。

 

どうせ借りるなら金利が安い時期にローンを組みたかったのですが、ひょっとしたら厳しいかもしれません。

 

ネットで銀行系のマイカーローンを調べていると、全国対応の地方銀行などで仮審査や事前審査を利用できるマイカーローンがありました。

 

これならばいきなり本審査で審査落ちすることもありません。

 

事前の審査でお金が借りられるかどうか分かるのであれば、信用調査期間に審査落ちの履歴が残ることもありません。

 

自分の信用力のなさには悲しくなりますが、こんな私でもお金を貸してくれる銀行があるかどうか頑張って探したいと思います。

 

今のマイカーローンの金利相場はどのくらいか

金融機関からお金を借りる場合、少しでも金利が低い方がよいのは言うまでもありません。

 

例えば、新車を購入する際のマイカーローンですと、金利が1%違えば年間で10万円以上変わるのは当たり前となっています。

 

ではどこで利用すればよいのかですが、まず銀行の金利相場ですが、相対的に低めに設定されています。

 

おおよそ3%前後となっています。

 

中には2%を切るところもあります。

 

使途がはっきりしていますので、属性に特に問題がなければ審査は問題なく通ります。

 

また、信用金庫から都市銀行まで銀行は数多く存在するので、インターネットなどで事前に金利を比較検討しやすいのはメリットといえます。

 

次にディーラーローンの金利相場ですが、これは同じ系列店でも店舗によって様々で、4%から10%辺りとなっています。

 

ただし、店舗の販売促進目的の車ですと、2%前後で金利を設定しているところもあります。

 

問題は、銀行の場合と違って、特別金利キャンペーンの情報を入手しにくい点です。

 

最後に消費者金融ですが、一番審査に通りやすいのは言うまでもないことですが、その分金利は高めに設定されており、10%を下回ることはまずありません。

 

ところで、マイカーローン利用の際には返済方法を変動金利型にするか固定金利型のどちらにするか決めなければなりません。

 

今後の金利の動きを予想するのは難しいことですが、10年の長期で借り入れする場合は金利の変動を避けるために固定型を選び、数年で返済する予定であれば金利の動きも少ないと読んで変動型で借り入れるのが一般的といえます。

 

 

マイカーローンの手数料負担は確認しておく

マイカーローンを組むとき、金利だけを重視して選ぶという人がいます。

 

300万円程度のローンを組むと、わずかな金利の差でも10万円〜30万円以上も利息の差がつくことがあるので、金利を重視するということは正解です。

 

あるいは、手間がかかることを嫌ってディーラーローンを選択する人もいます。

 

書類を揃えて、店舗まで行って契約をするという手間をかけるだけで10万円〜30万円が節約できるのなら、安いものだと思われますので、銀行の審査にはどうしても通らないという人をのぞいては、銀行の低金利のマイカーローンも選択肢に入れてみましょう。

 

 

手数料負担についても、確認をしておきましょう。

 

住宅ローンでは事務手数料が60万円以上もかかってくることがありますが、マイカーローンの場合には手数料はほとんどかかりません。

 

印紙代として数千円がかかりますが、これはどこの会社でも同じです。

 

 

手数料負担で比較をしておくべきなのが、繰上げ返済手数料です。

 

繰り上げ返済手数料で5000円〜1万円程度がかかってくると、お金に余裕ができても軽々しく一括返済ができません。

 

将来一括返済をする予定の人は、繰上げ返済手数料も経費として考えて、比較対象にしておきましょう。

 

 

さらに、銀行のマイカーローンを組むときに忘れてはいけないのが、保証料です。

 

保証料は、一括前払いということもありますが、金利に上乗せされて毎月支払うということもあります。

 

上乗せされる金利は0.5%〜1.0%程度とそれなりの負担なので、金利の中に保証料が含まれているのか、別途かかってくるのかは必ず確認が必要です。

 

 

金利だけを見るのではなく、金利以外に発生する手数料や保証料なども必ずチェックしておきましょう。

 

金利が安いマイカーローンと思ってても、実は返済額で考えると損をしていたなんてことになりかねませんから。

 

 

更新履歴
このページの先頭へ